« Surface!より高速で、さらに薄くて軽いタブレット | トップページ | 岡崎琢磨著~京都ご当地ミステリー~「珈琲店タレーランの事件簿 また会えたなら、あなたの淹れた珈琲を」 »

2013年12月23日 (月)

小説『珈琲店タレーランの事件簿 また会えたなら、あなたの淹れた珈琲を』岡崎琢磨著・第1回京都本大賞受賞!

「たいへんよく挽けました」

最近コーヒーミステリーの本を読みました

岡崎琢磨さんの『珈琲店タレーランの事件簿 また会えたなら、あなたの淹れた珈琲を』

珈琲店タレーランの事件簿 また会えたなら、あなたの淹れた珈琲を (宝島社文庫 『このミス』大賞シリーズ)

新品価格 ¥680から
(2013/11/17 18:26時点)


とりあえずの内容紹介です

京都の小路の一角に、ひっそりと店を構える珈琲店「タレーラン」

恋人と喧嘩した主人公は、偶然に導かれて入ったこの店で、運命の出会いを果たします。

長年追い求めた理想の珈琲と、魅惑的な女性バリスタ・切間美星。

美星の聡明な頭脳は、店に持ち込まれる日常の謎を、鮮やかに解き明かしていく。

だが美星には、秘められた過去が――。

軽妙な会話とキャラが炸裂する鮮烈な珈琲ミステリーです!

『たいへんよく挽けました』は探偵役となる美星バリスタさんが謎が解けたときに言うセリフです

今回の探偵役は女性でした

しかも探偵役である美星バリスタも事件に関わってきます。

いろんな意味で新鮮なミステリーです

この『タレーランの事件簿』は人が死なないミステリーでもあります

人が死なないミステリーだと『氷菓』が思い浮かびます

氷菓にも千反田えるという個性的な女性キャラがいます

『私気になります』というおなじみのセリフがあるなど共通点も多いです


氷菓も

→どうぞー

氷菓はアニメ化もしてますねー

タレーランもアニメ化してほしいです

珈琲店タレーランの事件簿では珈琲店だけあって珈琲のうんちくがいろいろあるのも面白いです

例えば欧米だと“ブラックコーヒー”のことは名前の通り黒い色のコーヒーのことらしいです!

だから砂糖を入れてもブラックコーヒーみたいです

ちょっと伏線が強引すぎるところもあったりするけれど,キャラクターと設定がとても魅力的な作品です!

ドラマ化した『ビブリア古書堂の事件手帖』とも女性店員が謎を解き明かしたり,自分が事件の当事者だったり,共通点が多いです

でもドラマだとキャラクターが残念な感じになってしまいそうだから,アニメ化に期待!

第二弾も発売中です!

珈琲店タレーランの事件簿 2 彼女はカフェオレの夢を見る (宝島社文庫)


これは現在読んでいます(*´-`*)ノ

それでは!

←1日1回ポチッと。(*´Д`*)。→
←1日1回ポチッと。(*´Д`*)。→
←お願いします(ノ)´ω`(ヾ)→
←1日1回ポチッと。(*´Д`*)。→
←1日1回ポチッと。(*´Д`*)。→

« Surface!より高速で、さらに薄くて軽いタブレット | トップページ | 岡崎琢磨著~京都ご当地ミステリー~「珈琲店タレーランの事件簿 また会えたなら、あなたの淹れた珈琲を」 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1768715/54352936

この記事へのトラックバック一覧です: 小説『珈琲店タレーランの事件簿 また会えたなら、あなたの淹れた珈琲を』岡崎琢磨著・第1回京都本大賞受賞!:

» 女性バリスタ切間美星「珈琲店タレーランの事件簿」 岡崎琢磨著・宝島社文庫 [嶋津球太の極上日記]
「たいへんよく挽けました」最近コーヒーミステリーの本を読みました岡崎琢磨さんの『 [続きを読む]

» 女性バリスタ切間美星「珈琲店タレーランの事件簿」 岡崎琢磨著・宝島社文庫 [嶋津球太のアニメレビュー日記]
「たいへんよく挽けました」最近コーヒーミステリーの本を読みました岡崎琢磨さんの『珈琲店タレーランの事件簿 また会えたなら、あなたの淹れた珈琲を』珈琲店タレーランの事件簿 また会えたなら、あなたの淹れた珈琲を (宝島社文庫 『このミス』大賞シリーズ)新品価格 ¥680から(2013/11/17 18:26時点)とりあえずの内容紹介です京都の小路の一角に、ひっそりと店を構える珈琲店「タレーラン」...... [続きを読む]

« Surface!より高速で、さらに薄くて軽いタブレット | トップページ | 岡崎琢磨著~京都ご当地ミステリー~「珈琲店タレーランの事件簿 また会えたなら、あなたの淹れた珈琲を」 »