書籍・雑誌

2016年8月27日 (土)

綿矢りさ 「夢を与える」


 出版社:河出書房新社
 発売日: 2012/10/5
 ジャンル:文芸作品
 作者:綿矢 りさ



■評価
 ストーリー :★★★
 読みやすさ :★★★★  
 スリル   :★
 登場人物  :★★★

 全体    :★★★

      


■内容紹介
幼い頃からチャイルドモデルをしていた美しく健やかな少女・夕子。中学入学と同時に大手芸能事務所に入った夕子は、母親の念願どおり、ついにブレイクする。連ドラ、CM、CDデビュー…急速に人気が高まるなか、夕子は深夜番組で観た無名のダンサーに恋をする。だがそれは、悲劇の始まりだった。夕子の栄光と失墜の果てを描く、芥川賞受賞第一作。
●印象に残った場面・部分
特に盛り上がりもなく、予定調和のないようが進み終わってしまいます。
主人公の夕子には同情的な面もあるんですが、実際やっていることは残念なので同情もできないです。
■感想
娘と母の不思議な関係がなかなかおもしろかったです。 芸能界を視点として描いてるなかで、使うだけ使っておいて用が済んだら捨ててしまうという、芸能界と世間に対する批判が描かれている作品なのかと感じます。 事務所がもっとなにかしらのするものだろと思ったけれど、意外と本人の意思を反映している描き方にもなっていたので、実際にどのような思いで描かれた小説なのか考えさせられした。 一貫して言えるのは終始物悲しい物語です。

2013年12月23日 (月)

岡崎琢磨著~京都ご当地ミステリー~「珈琲店タレーランの事件簿 また会えたなら、あなたの淹れた珈琲を」

「たいへんよく挽けました」

最近コーヒーミステリーの本を読みました

岡崎琢磨さんの『珈琲店タレーランの事件簿 また会えたなら、あなたの淹れた珈琲を』

珈琲店タレーランの事件簿 また会えたなら、あなたの淹れた珈琲を (宝島社文庫 『このミス』大賞シリーズ)

新品価格 ¥680から
(2013/11/17 18:26時点)


とりあえずの内容紹介です

京都の小路の一角に、ひっそりと店を構える珈琲店「タレーラン」

恋人と喧嘩した主人公は、偶然に導かれて入ったこの店で、運命の出会いを果たします。

長年追い求めた理想の珈琲と、魅惑的な女性バリスタ・切間美星。

美星の聡明な頭脳は、店に持ち込まれる日常の謎を、鮮やかに解き明かしていく。

だが美星には、秘められた過去が――。

軽妙な会話とキャラが炸裂する鮮烈な珈琲ミステリーです!

『たいへんよく挽けました』は探偵役となる美星バリスタさんが謎が解けたときに言うセリフです

今回の探偵役は女性でした

しかも探偵役である美星バリスタも事件に関わってきます。

いろんな意味で新鮮なミステリーです

この『タレーランの事件簿』は人が死なないミステリーでもあります

人が死なないミステリーだと『氷菓』が思い浮かびます

氷菓にも千反田えるという個性的な女性キャラがいます

『私気になります』というおなじみのセリフがあるなど共通点も多いです


氷菓も

→どうぞー

氷菓はアニメ化もしてますねー

タレーランもアニメ化してほしいです

珈琲店タレーランの事件簿では珈琲店だけあって珈琲のうんちくがいろいろあるのも面白いです

例えば欧米だと“ブラックコーヒー”のことは名前の通り黒い色のコーヒーのことらしいです!

だから砂糖を入れてもブラックコーヒーみたいです

ちょっと伏線が強引すぎるところもあったりするけれど,キャラクターと設定がとても魅力的な作品です!

ドラマ化した『ビブリア古書堂の事件手帖』とも女性店員が謎を解き明かしたり,自分が事件の当事者だったり,共通点が多いです

でもドラマだとキャラクターが残念な感じになってしまいそうだから,アニメ化に期待!

第二弾も発売中です!

珈琲店タレーランの事件簿 2 彼女はカフェオレの夢を見る (宝島社文庫)


これは現在読んでいます(*´-`*)ノ

それでは!

←1日1回ポチッと。(*´Д`*)。→
←1日1回ポチッと。(*´Д`*)。→
←お願いします(ノ)´ω`(ヾ)→
←1日1回ポチッと。(*´Д`*)。→
←1日1回ポチッと。(*´Д`*)。→

小説『珈琲店タレーランの事件簿 また会えたなら、あなたの淹れた珈琲を』岡崎琢磨著・第1回京都本大賞受賞!

「たいへんよく挽けました」

最近コーヒーミステリーの本を読みました

岡崎琢磨さんの『珈琲店タレーランの事件簿 また会えたなら、あなたの淹れた珈琲を』

珈琲店タレーランの事件簿 また会えたなら、あなたの淹れた珈琲を (宝島社文庫 『このミス』大賞シリーズ)

新品価格 ¥680から
(2013/11/17 18:26時点)


とりあえずの内容紹介です

京都の小路の一角に、ひっそりと店を構える珈琲店「タレーラン」

恋人と喧嘩した主人公は、偶然に導かれて入ったこの店で、運命の出会いを果たします。

長年追い求めた理想の珈琲と、魅惑的な女性バリスタ・切間美星。

美星の聡明な頭脳は、店に持ち込まれる日常の謎を、鮮やかに解き明かしていく。

だが美星には、秘められた過去が――。

軽妙な会話とキャラが炸裂する鮮烈な珈琲ミステリーです!

『たいへんよく挽けました』は探偵役となる美星バリスタさんが謎が解けたときに言うセリフです

今回の探偵役は女性でした

しかも探偵役である美星バリスタも事件に関わってきます。

いろんな意味で新鮮なミステリーです

この『タレーランの事件簿』は人が死なないミステリーでもあります

人が死なないミステリーだと『氷菓』が思い浮かびます

氷菓にも千反田えるという個性的な女性キャラがいます

『私気になります』というおなじみのセリフがあるなど共通点も多いです


氷菓も

→どうぞー

氷菓はアニメ化もしてますねー

タレーランもアニメ化してほしいです

珈琲店タレーランの事件簿では珈琲店だけあって珈琲のうんちくがいろいろあるのも面白いです

例えば欧米だと“ブラックコーヒー”のことは名前の通り黒い色のコーヒーのことらしいです!

だから砂糖を入れてもブラックコーヒーみたいです

ちょっと伏線が強引すぎるところもあったりするけれど,キャラクターと設定がとても魅力的な作品です!

ドラマ化した『ビブリア古書堂の事件手帖』とも女性店員が謎を解き明かしたり,自分が事件の当事者だったり,共通点が多いです

でもドラマだとキャラクターが残念な感じになってしまいそうだから,アニメ化に期待!

第二弾も発売中です!

珈琲店タレーランの事件簿 2 彼女はカフェオレの夢を見る (宝島社文庫)


これは現在読んでいます(*´-`*)ノ

それでは!

←1日1回ポチッと。(*´Д`*)。→
←1日1回ポチッと。(*´Д`*)。→
←お願いします(ノ)´ω`(ヾ)→
←1日1回ポチッと。(*´Д`*)。→
←1日1回ポチッと。(*´Д`*)。→

2013年11月22日 (金)

矢月秀作著・エンターテインメント“もぐら”レビュー紹介

こんにちは(*´-`*)ノ

矢月秀作さんの「もぐら」を読みました!

こいつの強さは規格外!!

元・警視庁の組織犯罪対策部の『影野竜司』が,一人悪に立ち向かうハードボイルド小説です

もぐら (中公文庫)

新品価格 ¥700から
(2013/10/20 23:05時点)


夜になると活動することからもぐらと呼ばれている影野竜司。

Kindle版もあります。

もぐら (中公文庫)[Kindle版]

プロローグから主人公・影野竜司の「強さ」を見せつける派手なアクションシーンから始まって,最初から物語に引き込まれていきます

そして「もぐら」と呼ばれるトラブルシューターになるまでの過去編

現在に戻り,妹を助けて欲しいという依頼受けます。

その依頼の裏には,恐るべき陰謀が!

ラストはちょっといまいちでしたねー
昔読んだ『テロリストのパラソル』にオチが似ていました(*´-`*)ノ

というよりそっくりでしたねー

なので途中から予想と同じ展開で残念です

テロリストのパラソルは江戸川乱歩賞&直木賞のW受賞を快挙を成し遂げた傑作ハードボイル小説です

テロリストのパラソル (講談社文庫)

新品価格 ¥650から
(2013/10/20 23:14時点)


もぐらもまあまあ面白かったです

『もぐら』のよさはテンポが早くて読みやすいことですね

アクションシーンもやりすぎなくらい派手に描かれています。

もぐらの第二弾・第三弾・第四弾といっぱいでてるみていです。

第二弾【讐】・第三弾【乱】・第四弾【醒】・第五弾【闘】・第六弾【戒】みたいです

第二弾【讐】の続きを次は読むか読まないか考え中です

もぐら 讐 (中公文庫)

新品価格 ¥700から
(2013/10/20 23:08時点)


それでは(*´-`*)ノ

←1日1回ポチッと。(*´Д`*)。→
←1日1回ポチッと。(*´Д`*)。→
←お願いします(ノ)´ω`(ヾ)→
←1日1回ポチッと。(*´Д`*)。→


←1日1回ポチッと。(*´Д`*)。→